北前船の寄航で賑った古き良き港町美保関の東光ホテル 海を眼前に海の幸と景色がお楽しみいただける7階建てのお宿です

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 



観光で西日本を元気に! 13府県ふっこう周遊割キャンペーン中
当館で2連泊ふっこう周遊割りをご利用いただけます。
助成数は残りわずかでございますのでホームパージからのご予約のみ受け付けさせて頂きます。島根県では、本県同一施設の2連泊で宿泊料金を1人1泊あたり4,000円まで支援いたします。(但し、上限一人当たり2泊分まで) 制度改正による宿泊対象期間 平成31年1 月31 日 迄 ただしふっこう周遊割助成は期間内であっても支援金が上限に達し次第、販売終了となります。
ご予約は先着順となりますので、お早めにホームページから申し込み下さい。
 
《注意事項》 助成数が残りわずかの為、旅行会社やインターネットの予約システムからのご予約は対象外です。 ホームページでご予約のお申し込みをいただいてから1〜2日以内にお電話または、メールにてご返信させていただきます。
ご希望日が満室又は2連泊ふっこう周遊割りの助成終了の場合はご連絡させて頂きます。
正式なご予約の成立は、当館よりご連絡を差し上げ、ご確認後とさせていただきます。

  申請など詳細は「13府県ふっこう周遊割」島根県事務局まで
https://fukkou-shuyu.jp/shimane.html
12月31日はホームページのご宿泊プランはすべて除外日でございます。
  12月31日のご宿泊につきましては現在販売中のプランは下記の3つのプランでございます。
ホームページ又はお電話でお申し込み下さい
1〜2日以内にお電話または、メールにてご返事させていただきます。

@ゆっくりお部屋食&旬のお魚会席満喫しましょう《夕食はお部屋食プラン》

プラン定員室でご利用時のお1人料金(税込)
大人2名利用  17,000 円
大人3名利用  15,300 円
大人4名利用  14,900 円
大人5名〜8名利用 14,000 円 (広めのグループルーム)

Aお魚会席スタンダードプラン《お食事処でお食事プラン》

プラン定員室でご利用時のお1人料金(税込)
大人2名利用 14,000 円
大人3名利用12,000 円
大人4名利用 12,000 円
大人5名〜6名利用12,000 円 (広めのグループルーム)

B素泊まりプラン

プラン定員室でご利用時のお1人料金(税込)
大人2名利用  10,000 円
大人3名利用   9,000 円
大人4名利用   8,000 円
大人5名〜8名利用 8,000 円 (広めのグループルーム)
★ウインターシーズンプラン★松葉蟹コースはホームページ予約がお得です!
  松葉がにコースご予約受付中
松葉ガニの水揚げは解禁日11月6日〜翌年3月20日頃までです。
当館では、境港で水揚げした松葉がにコースのご宿泊プランをご用意しております。

美保関の一年は、神事に始まり、神事に終わります。 それを司る「美保神社」は、オオクニヌシノカミ(だいこく様)の妻ミホツヒメと、息子のコトシロヌシノカミ(えびす様)を祀る、えびす社の総本社。 漁業、海運、商売、歌舞音曲の神様として、日本中から信仰を集めてきました。国譲り神話を海上で再現する「青柴垣神事」や「諸手船神事」をはじめ、古式ゆかしい神事が執り行われています。また、音楽が大好きなえびす様に捧げるコンサート。 美保神社と出雲大社を両参りする、えびす・だいこく100kmマラソンなど。 参加する人も見る人も、笑顔になれるイベントがいっぱいです。
美保神社 七日えびす祭
  七日えびす祭(なのかえびす)とは、美保神社で毎月7日に行われるご縁日祭。
神様との有縁(うえん)の日です。美保神社は当館より徒歩1分です。ぜひご参拝下さい。
 
  美保神社「七日えびす祭」「宝物公開」
  美保神社では古来より御縁日である毎月七日に、「月次祭」を齋行しております。
この毎月の御縁日「七日えびす祭」の日に合わせ歌舞音曲の神様にちなむ神社所蔵の国重要有形民俗文化財である「奉納鳴物(846点)」や「諸手船」「そりこ」などの宝物を月替わりで数点ずつ公開されます。
   
  ●月次祭 7日 9:00〜(1月と4月は時間が変わります)
毎月7日の御縁日、神恩に感謝し国家の安泰と氏子崇敬者の弥栄を祈る御祭です。
拝殿外よりご自由に拝観ください。このお祭りにあわせて祈願を希望される方は8:40まで美保神社にて受付をお済ませください。
   
  ●宝物公開 7日限定 10:00〜16:00(月替わり展示)
・奉納鳴物(国指定の重要有形民俗文化財)
・諸手船(国指定の重要有形民俗文化財)
・そりこ(国指定の重要有形民俗文化財)
・サバニー(国指定の重要有形民俗文化財)
・その他
   
出雲大社平成の大遷宮 〜出雲大社と美保神社のえびす・だいこく両参り〜
  『縁結びの神として知られる大国主大神をお祀りする出雲大社は60年ぶりの遷宮が執り行われました。
摂社・末社も含めると2016年まで続く出雲大社の「平成の大遷宮」。
はじめて訪れる人は運や縁をつかみとる力を、再び訪れる人は新たな人生にご加護を、遷宮でさらに力を増した神様に祈願してみてはいかがでしょうか?
また、出雲大社の大国主大神のご長男の事代主大神と、大国主大神の御后神の三穂津姫大神様をお祀りする美保神社は当館から徒歩1分です。出雲大社と美保神社の両参りは古来から幸運を呼ぶといわれ人気です。神様が棲む聖なる岬・美保関の美保神社は直ぐ近くです。出雲大社と美保神社へ両参りのご参拝はいかがでしょうか? 』
 
仏谷寺(ぶっこくじ)/八百屋お七の恋人の墓
この地は、「三明院」と呼ばれ後鳥羽上皇や後醍醐天皇が隠岐に配流される折の行在所。
寺には、浄瑠璃など芝居の題材として度々取り上げられる「八百屋お七」の恋人、小姓吉三の墓があります。もともとこの地は、「三明院」と呼ばれ後鳥羽上皇や後醍醐天皇が隠岐に配流される折の行在所。
今でも港から寺に向かう道が行幸(みゆき)の路と呼ばれており、他に美保小路、月名小路の名も残るなど都の面影を偲ばせてくれますが、その後は衰退し、天正年間に再興されたのがこちらの仏谷寺です。
大日堂に安置される古色の美しい薬師如来、日光・月光・虚空蔵・聖観音菩薩の5体仏像は、出雲様式と呼ばれる一木造りで、天平様式を残す貞観時代の作。山陰最古の木仏像は国指定重要文化財にも指定されています。
 
 
ご宿泊の翌日、境港へ鮮魚のお買いものにお立ち寄りになるお客様へご案内
 

大漁市場なかうら、境港水産物直売センター、境港さかなセンター各店舗へお越しのお客様は当館よりお車で15分位です。

  水木しげるロードへお越しのお客様は当館よりお車で15分位です。
 
 

 
1〜2日以内にお電話または、メールにて確認させていただきます。ご希望日が満室の場合はご容赦くださいませ。
正式なご予約の成立は、当館よりご連絡を差し上げ、ご確認後とさせていただきます。
お急ぎの場合は、お電話にて承っております



 
 
ホームご宿泊プラン館内のご案内 ご会食案内観光情報アクセス宿泊ご予約ご法要会席日帰り松葉がにコースお食事・ご宴会プラン
E-MAIL:info@tokoh-hotel.com
Copyright © 2012 TOKOH HOTEL All rights reserved 〒690-1501 島根県松江市美保関町美保関652   PHONE 0852-73-0221 FAX 0852-73-0029
  -0712-20AF12-